色は匂へど…

無理が通れば道理が引っ込む

Archive [2005年09月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

オッパイ星人多し。笑

女性にとっては女の象徴とも言えるであろうオッパイ。自慢の種となるか、悩みの種となるか、二手に分かれることだろう。若い頃の私は、オッパイにさしたる悩みなどなかった。巨乳ではなかったが小さくもなかったし、感度も良かったし。(聞いてないw)妊娠と同時に乳輪が広がってしまったのが初めての悩みであった。(涙)さて、男性にとって、女のオッパイの大きさは恋愛においてどれほどの比重があるものなのか、と思う。先日、...

飾りじゃないのよ???

♪飾りでいいのよ 真珠は~ ハハァン♪♪埋め込むなと言ってるじゃないの~ ホッホォ♪♪真珠じゃないのよ キモチいいのは~ ハハァン♪♪ブツに頼るなと言ったじゃないの   ちょっと痛すぎるのよ 勘違い~ ホホホ~フ~フ~フ~ハハハァ~♪...

我が家のセックス事情

私は両親のセックスを目撃したことがない。そして、私たちも見られたことがない。(と思う。たぶん。笑)我が家の住宅事情は、広くはないがかなり恵まれていて、セックスのときは、場所を変えることができたから。娘二人とも狭いながらも別々の部屋があったが、寝るときだけは夫婦の寝室に来て、長女はパパと、二女はママと一緒に寝ていたのだが、二人とも寝入ってしまえば起きないので、私たちはそれぞれのベッドを抜け出し、違う...

悦びのカタチ

男は、射精の一瞬の最高潮の気持ち良さがすべてというが、それならば、その最高潮に達するまでの時間をより気持ちよくしてあげたいと思う。ベストがダメでもベターな気分を。射精するだけがセックスじゃないという男性もいるだろうが、できれば出して欲しいと思うのが心情。男が私の愛撫に一喜一憂する様をこの目で見ることは、女にとっても、それなりの悦びに繋がるのだ。どこをいじって欲しいとか、どこを舐めて欲しいとか、もっ...

”たま”に想いを込めて。

”たま”という言葉の響きから、ちっちゃくて丸いものを想像する人は多いだろう。古くから、「玉」とは宝石(山からの)や石を表す言葉。一方「珠」は海からの宝石(真珠)を表す。「塊」の”たま”だったり、「魂」の”たま”だったり、「球」の”たま”だったり。”たま”のもつ魔力に人間は惹きつけられるのだ。掌にすっぽり収まる丸い玉に、何故か心も穏やかになる。・・・あ? たまぶくろ・・・? (大違)...

密着密着~♪

他所で見つけて、読んだ人は漏れなく、と書いてあったのでやってみるw案外、こういうの好きだったりする私。■デート中、街中では恋人とは、どういう密着の仕方をしますか?■ 手をつなぐ、または腕を組む■街中で昼間にキス出来ますか?■ フレンチキスならできますねぇ~■街中で夜間にキス出来ますか?■ もちろん、できます~■それなりの人通りのある、駅構内(又は付近)で異性と抱き合った事ありますか?  それは長くてどれ位の...

あのときはゴメンナサイ。

勇さんとのきっかけはチャットだった。あの頃は、2ショットチャットとかじゃなくて、普通に30代の部屋で知り合い、普通にPMしただけだった。何度も二人だけでメッセして、意気投合した。携帯番号とアドレスも交換して、何度か直接話すようにもなった。そして実際に逢うことになったわけだが、そのとき、私は勇さんにウソをついていた。実年齢を一つだけ若くサバをよんだのだ。私は自分の年齢に対してコンプレックスがあるわけで...

恋教え鳥

鶺鴒(せきれい)のことを恋教え鳥と呼ぶらしい。そのイワレは日本書紀。(医学ブログ改め文学ブログか?違w)伊邪那岐(いざなぎ)と伊邪那美(いざなみ)という二人の神、結婚したのに子供の作り方がわからない。その時、目の前に飛んできたツガイの鶺鴒が交尾を始め、それを見た二人の神は、無事に結ばれたという。それを見て理解したということは・・・・後背位でヤッたんだな。。。人類の創世はバックスタイルから♪(違うと...

忘れ潮

「潮が引いた後の砂浜や磯に置き去りにされたような水溜り」確かに、そこに存在した。シーツの波間に漂う2匹の魚は、忘れ潮の水溜りにとり残されていた。あれだけ激しく寄せては返した波が、今はもう、忘れ潮だけを残し、そこにある。ああ、このまま時が停まればいいと暫し想う。でも、そう想うのは、忘れ潮がそこにある間だけのこと。徐々に乾いていくその場所から、2匹の魚は次第に人間に姿を変え、現実の波間にまた身を投じる...

康平の背中

小池真理子の短編小説の中に「康平の背中」というのがある。これは、ちょっと怖い話で、あまり恋愛色は濃くないが、タイトルを見た瞬間、もちろん私の頭に浮かんだのは、実物の康平の背中だった。男は、後背位のときに、女の背中をじっくりと見れるだろうが、女には、なかなかそんな機会も少ないだろうと思う。私は、裸の康平の背中が好き。たとえば、情事のあとに、不自然に身体を曲げてテレビを見ている彼。そんな彼の背中に頭を...

ご案内

プロフィール

真行寺涼子

  • Author:真行寺涼子
  • まだ女として機能する50代w

    17歳年下の康平とのことやら、
    過去の男のことやらのお話。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ
byできるじゃん