色は匂へど…

無理が通れば道理が引っ込む

Archive [2006年10月 ] 記事一覧

秋の鎌倉 9 (残りの写真)

東慶寺を出てさらに進むと、浄智寺。北鎌倉駅すぐの円覚寺。石段にめげて上まで昇らずwww夕飯は、何故か鎌倉に全然関係ない肉。(爆)やっぱり、肉で〆るのかよwww...

秋の鎌倉 8(残りの写真)

散策するなら、鎌倉より北鎌倉のほうが好き。私の一番好きなお寺「東慶寺」別名『縁切り寺』(笑)縁が切れないことを祈りますwww東慶寺の石段 情緒的。奥の奥まで入っていくと、気温も変わるほどヒンヤリ。まだ紅葉には早すぎたけど。足元には、自然の花。野生の竜胆(リンドウ)が可愛い。...

秋の鎌倉 その1

今日は行楽日和~。・・・携帯から送ったら、横向きじゃんwww最初に到着した鎌倉駅。...

ワード検索の達人?

「汁・耳くそ」でサーチされちゃう私のブログは何なの?w「乳首の瘡蓋」これで検索して、某漢方薬局のサイトからこのブログにもヒットするwもっとキレイな言葉で検索して来てくれないかなぁ~。(無理)...

こんなご時世だから、年齢差はあんまり気にならなくなってきた。価値観の差は、ある程度は少なくしたい。身分の差なんて、昔じゃあるまいし、そんなにあるものでもないだろう。で、身長差。私は147センチだから、私より小さい男性はほとんどいない。ちょっとくらいカカトの高い靴を履いても間に合わないほど。”猫ひろし”は私と同じ身長らしい。お気の毒にw小さいからというわけじゃないが、身体のデカイ人が好きみたい。立った...

ことわざシリーズ④

濡れぬ先こそ露をも厭え※雨に濡れないうちは濡れるのを嫌がるが、一旦濡れてしまうとどうでもよくなってしまうこと。 悪事に染まっていくことのたとえ。ひとたび浮気をしてしまうと、罪悪感もへったくれもなくなって、なんだか普通のことのように平気になってしまうってことだわな。だから、悪いことは最初からしてはいけません、という戒め。・・・もう遅いですが。(苦笑)こっちが濡れてもいないのに、先にがまん汁出されてム...

風は秋色

指先は秋の色。でも・・・もっと可愛い色で逢いに行けばよかった、なぁんて思ったり。風は秋色でも、気持ちはいつも 春の新色なのに~。笑...

本日は晴天なり。

本日、風邪気味により、漏れなく、喘ぎ声はハスキーボイスなり。鼻水垂らしてても、キスしてくれますか?w...

大胸筋

歳はとりたくないものだ。。。なんで、こんなトコが筋肉痛になるんだろう?ああ~、なるほど。。。(何??www)...

叶う。

逢いたいと願えば、逢えるものなのよ。アリバイの神様がいるからね。無理やり神様を地上に引きずり下ろすからね。(笑)それでもダメなときは、私自身が神になります。(爆)てか、すでに神です。(マテ)...

ご案内

プロフィール

真行寺涼子

  • Author:真行寺涼子
  • まだ女として機能する50代w

    17歳年下の康平とのことやら、
    過去の男のことやらのお話。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

ブログ内検索

ブログパーツ
byできるじゃん