色は匂へど…

無理が通れば道理が引っ込む

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

詠み人はアタシ?

名にしおはば  逢坂山の  さねかづら  

   人にしられで  来るよしもがな


                     三条右大臣(藤原定方)


訳:逢坂山のさねかずらよ。
  その名の通りなら、まるでお前を手繰り寄せるように
  誰にも知られずに会いに来られる方法があってほしいものだ…。
  


もちろん、詠み人は「アタシ」ではないが(わかっとるw)、

今のアタシの心情的には、とてもとても近い詩と言えるから。

坂山』+『さねかづら』=逢って一緒に寝ること。

なので、この詩は、セックスを前提とした詩なのだろう。

心情に近いとはいえ、私の場合「セックスしたい」ことが前提ではないが。

しかし、すでに身体を重ねた事実がある以上、

そのときの快楽を思い出し、抱かれたいと想う気持ちも事実である。

それだけの時間が許さないというのなら、

せめて、指先だけでも触れたいと想う。。。

刹那だけでも感じたいと想う。。。




スポンサーサイト
  • [No Tag]

*Comment

なんとも 

女性的な心情でございますなぁ。。。
  • アレッサンドロ・シビーニ 
  • URL 
  • 2007年11月06日 16時15分 
  • [編集]

アレッサンドロ・シビーニさん。 

外人さんにこの和歌がわかっていただけるとは。(爆)
最近、妙に人恋しい秋なのですよ。
  • 涼子 
  • URL 
  • 2007年11月06日 17時08分 
  • [編集]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

真行寺涼子

  • Author:真行寺涼子
  • まだ女として機能する50代w

    17歳年下の康平とのことやら、
    過去の男のことやらのお話。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ
byできるじゃん