色は匂へど…

無理が通れば道理が引っ込む

Entries

今思うと・・・

私の乳癌のレベルなど、たいしたことはなかった。

発覚当初、ステージⅠの早期発見と言われ、

手術と抗癌剤のどちらを先に行うかの選択肢は患者である私に託された。

どちらを選んでも、命に関わるものではないから。

選ぶ余地があったから選んだ道。

そして、温存できたわけで、選択は間違えじゃなかったと胸をなでおろした。

しかし、あとからあとから出てくる、私にとっての驚きの事実。

入院当日に家族と共に受けた説明で、発覚当初はステージⅡ-Bのレベルだったと聞かされた。

そして手術後家族伝に聞いた話では、リンパを数個取ったということだったが、

結局のところ、取ったリンパは25個で、そのうちの1個だけだが転移があったということ。

今は、患者本人に真実を告知する時代。

ドクターからは、「もう全部取ったから大丈夫。あなたのオッパイは普通の人と変わりないですよ。」

と言ってもらえたので、信じることにしよう。

あとからわかった事実をふまえて考えてみると、

今思うと、私自身が選んだはずの選択肢の一つでさえも、

ひょっとしたら、それを選ぶような方向へ持っていくためにうまく説明してくれたような気がしてきた。

先に全摘したとしても、あとから抗癌剤はかならずやるということで、

無くなった癌に対して抗癌剤が効いているのかもわからない状態でも投与するわけだ。

だったら、癌のあるうちに抗癌剤の感受性もわかる状態で受けたほうがいい。

どちらを選んだとしても、命がどうにかなるという段階のものではないのだし、

選択肢を設けてくれたドクターには感謝している。


他ブログへのコメントにも書いたのだが、

今年の後半の期間は、今まで走りすぎてた私へ休息を与えられたのだと思うようになった。

元々、生涯女として現役でいられるなんて思ってない私なので、

”女でいられる間に”という想いが、無意識に私をがむしゃら走らせていたのかもしれない。

だからといって、温存を望んだのは、男に見てもらいたいためだけではなく、

女としての自分のため。

気持ちを支えていてくれたのは、一人じゃない。

家族はもちろんのこと、一時期険悪な仲になりそうだった姑でさえ、たくさん協力してくれた。

「さっさと良くなって、一緒に温泉行こうよ」と言ってくれた女子高時代の親友たち。

「快気祝いで歌ってよ~」と激励してくれた元PTA仲間のママたち。

「早く復活してくださいね」とエールをくださったネット仲間たち。

そして、「離れたりしないから、ちゃんと治しておいで。」と言ってくれた彼。



抗癌剤が身体から抜けた今、驚くほど体調が良くなっているのがわかる。

術後の不自由な動きの身体でさえ、回復の様子が1日毎にわかるほど。

でも、身体から癌がなくなったとはいえ、治療が終わったわけではない。

今後、数年かけてのホルモン治療が続く。

どんな症状が出るかもわからないけど、

抗癌剤のときもそうだったように、案外私はスンナリ乗り切れるような気がしている。

というわけで、病も一段落。

これにて、ここ別宅での見苦しい癌ネタは封印しようと思う。










スポンサーサイト
  • [No Tag]

*Comment

 

身体や健康なんてものは普段は感謝どころか認識さえしないもので、損なって初めてそれに気付くなんて事がごくごく一般的な話ですね。
でもこれは往々にして他の事象に対しても言える事かな。
怪我や病を得る事で分かる事って沢山あると思いますよ。
自分も今年は生涯付き合わなくちゃいけない怪我をしたのでちょっと偉そうに言ってみる(笑)
まあ病なく身強き人は友とするにわろき者なんて事も言われるからきっと益々憂いを秘めた女っぷりが上がった事でしょう(笑)
何はともあれお大事になさって下さい。
  • TS 
  • URL 
  • 2007年12月20日 20時46分 
  • [編集]

見苦しくなど なかったですから~ 

私だって いつ 同じ運命かと思いつつ たくさん 勉強させていただきましたよ。

初期のがんなんて 風邪くらい簡単に 思ってたら オオ違いでしたし。

命に別条がない というレベルも 無知だったなぁと思いました。
感謝です。
  • 聖子 
  • URL 
  • 2007年12月20日 23時36分 
  • [編集]

 

どんな不幸な出来事にも、好転のチャンスは潜んでいますものね。
あとはそれをうまく自分でコントロールできるかどうか。

それは実際起こっていることに対しての具体的な道しるべではなく、
精神面で、今後振り返ったり事実に向き合うのにどれだけそれをバネに生きることや自分にモチベーションをあげられるかが大事なんだと思います。

誰でも辛い思いをする経験だと思います。
病気があるということでみんな不安や辛い気持ちを味わうと思います。
それでも明るく振る舞える精神的強さは当然すごくて、素敵なことだし、周りや読者への気遣いだとうちは思ってます。
そして涼子さんを力強く支えてくれる周りの人は、涼子さんの人徳なんだなあと思います。


神様がくれた休息で一息入れて、また素敵な人柄で私たちを魅せてください(*^_^*)
  • らむ。 
  • URL 
  • 2007年12月21日 00時51分 
  • [編集]

騙し上手 

そのドクターは女を騙すのが上手いんだなあ、きっと(笑)
  • まさひろ 
  • URL 
  • 2007年12月21日 05時48分 
  • [編集]

ありがとうございました。 

涼子さんの体験された事は、同じ世代の私に
大きな勇気と関心と感動をくれました。
涼子さんのお蔭で、生まれて初めての乳癌検査も受けました。
ちょっぴり持病のある私も、日々健康である為に
自分の心と体をもっと愛してあげようと思うこの頃です。

本当にお疲れ様でした。
御身体大切になさって下さいね。

  • らいら☆彡 
  • URL 
  • 2007年12月21日 09時11分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  •  
  •  
  • 2007年12月21日 10時47分 
  • [編集]

太陽さま。 

貴重な情報をありがとうございます。
あなたの情報は、コピペして鍵コメにて保存しましたので、
一旦削除させていただきました。ご了承ください。
  • 涼子 
  • URL 
  • 2007年12月21日 10時50分 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  •  
  •  
  • 2007年12月21日 11時16分 
  • [編集]

天使の休息(違!w 

>TSさん
貴重なお言葉ありがとうございます~。
今までの私、本当に丈夫だったんだなぁと実感中。
闘病生活中も、たぶん他の人よりは元気だったようで。
でも、手術後の動きの不自由な身体を経験すると、
今まで普通に健康に過ごせたことがウソのようです。
回復しつつある身体に感謝しないけませんね。

>聖子さん
私も無知でしたよ。
勘違いしてる癌情報がたくさんありました。
今回身をもって体験したことでさえ、
常識的な範囲を超えていたことも多々あります。
書くことは備忘録だけれど、ここを読んで
乳癌検診を受けに行ってくださる方が増えると嬉しいです。

>らむ。ちゃん
刺激をありがとう。(謎爆)
常識を超えた闘病生活でしたが、
人の気持ちに支えられ、大事なモノが見えました。
休息も大事だね。うん。

>まさひろさん
あら、うまく騙されてあげたのは私よ。爆

>らいら☆彡さん
まだお互いに心配事を抱えてるけど、
とりあえず自分が動ける状態じゃないと、
家族のことまで手が回りませんからね。
一緒に頑張りましょうね♪

>鍵コメさん
完全・・・なのかなぁ。。
だとしたら嬉しいのですが。
でも、不完全かもしれないまでも、
かなり調子も戻ってきたので、
また引き続きよろしくです。
  • 涼子 
  • URL 
  • 2007年12月21日 12時29分 
  • [編集]

よかった。 

久しぶりに遊びに来て
嬉しい報告がw

よかったですね。
術後の経過も順調なようで。安心しました。

何が凄いかって。
「乳癌」っていう、女性にとっては
悲観的にならざるを得ない病であるのに
こうまで客観的に語れるところ。
「私の乳癌のレベルなど、たいしたことはなかった。」
なんて言える人、そうはいませんってw

病気の話は封印でも
また別の話で潔い涼子節、聞かせてくださいね。
楽しみにしてます。
  • 沙羅 
  • URL 
  • 2007年12月21日 23時55分 
  • [編集]

沙羅さん。 

過ぎてしまえば、なんだか普通の生活だったような?w
プロレスラーで、今年腎臓癌から復帰した選手もいますから、
私の癌なんてちっぽけな出来事だったのだと思えます。
おかげさまで、体調もかなり戻りつつあります。
沙羅さんのトコも何だか急展開のお話で
目が釘付けになってしまいましたよ~~。
  • 涼子 
  • URL 
  • 2007年12月25日 11時44分 
  • [編集]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

真行寺涼子

  • Author:真行寺涼子
  • まだ女として機能する50代w

    17歳年下の康平とのことやら、
    過去の男のことやらのお話。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

ブログ内検索

ブログパーツ
byできるじゃん