色は匂へど…

無理が通れば道理が引っ込む

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

花盗人(はなぬすびと)

『一盗二婢三妾四妓五妻』という隠語がある。

男性目線でのセックスしたい順位とでもいうものだろうか。 

NO.1に輝いたのは「盗む」。つまりは人の妻を寝取ることだ。

やっぱりな、と思わざるを得ない結果だろう。

「婢」とはどうやらお手伝いさんのことらしい。難しいぞw。

現代では住み込みのお手伝いさんも少なくなっているだろうから、

それほど多い事例とも思えないが。

お手伝いさんを囲える雇い主は、一応お金持ちなのだろうし、

金に物を言わせて、何でも言うこと聞きそうだからかしら?(苦笑)

「妾」は言わずもがなでしょう。

「妓」は風俗の女ってことでしょうか。

そしてやはり、ビリが「妻」です。(笑)

結婚するまでは(結婚してしばらくも)、あんなに交わっていたというのに(爆)

毎日一緒にいると有り難味も薄れ、次第に疎遠になっていく?!

ちなみに、私と旦那さんは疎遠にはなってないので、

この隠語の結果すべてに頷くわけにはいかないが。

隠語が囁かれていた頃の背景は、

夫にかまってもらえなくなっても、我慢するしかない妻が多かったのだろうと思う。

現代ではそんなこともなくなってきてますがね。(笑)

女目線から見ても、きっと他人の夫は良く見えるものなのだ。

お手伝いさんがいない代わりに、子供の家庭教師に手を出すとか(笑)、

ホストに入れあげてしまうとか、

人妻も日増しに激しくなってきたのである。

いや、もしかしたら昔からそうだったのかもしれないけど、

今ほど人妻の浮気の実態がメディアに晒されてなかっただけなのかも。


真行寺目線で勝手に言わせてもらえば、

人の夫だろうが独身だろうが、イイものはイイのであって、

セックスしたい順位に、相手の冠は必要ない。

もちろん、我が夫も「したい相手」に含まれることを前提として。


スポンサーサイト
  • [No Tag]

*Comment

人妻好き 

僕の人妻好きも結局そこか?

救ってあげたい気持ちは強いんだけどなあ
  • まさひろ 
  • URL 
  • 2008年02月28日 21時03分 
  • [編集]

まさひろさん。 

世界平和のためですかね?ww
  • 涼子 
  • URL 
  • 2008年02月29日 13時54分 
  • [編集]

実は… 

1位にしっかり「盗」が入ってるんだから
結構あちこちで放って置かれてる妻が盗まれていたのかもしれないですね~ww
他の奥さんに手を出して、自分の妻をその隙に寝取られてるとか、
ありそうですよねw
  • 紅子 
  • URL 
  • 2008年02月29日 15時24分 
  • [編集]

紅子さん。 

それ、とても真理ついてますねwww
よくあることだったってことだもんね。爆
  • 涼子 
  • URL 
  • 2008年02月29日 15時58分 
  • [編集]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

真行寺涼子

  • Author:真行寺涼子
  • まだ女として機能する50代w

    17歳年下の康平とのことやら、
    過去の男のことやらのお話。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ
byできるじゃん