色は匂へど…

無理が通れば道理が引っ込む

Entries

強がってるわけじゃないのですが。

ランキングのサイトで、寂しいと思う瞬間ランキングというのがあった。

順位は以下の通り。

1, 病気で一人寝込んでいるとき

2,休みの予定が何もないとき

3, 誕生日やクリスマスを一人で過ごしたとき

4, 友人の携帯の番号やメルアドが知らないうちに変わっていたとき

5,一緒に旅行に行く相手がいないとき

6,悩みを相談する人がいないとき

7,久しぶりに帰った地元の風景がすっかり変わっていたとき

8,帰宅して、部屋の中が真っ暗だったとき

9,,知らない間に友人の結婚式・同窓会などが終わっていたとき

10,年賀状がDMのみだったとき

11,電話をする人がいないとき
12,Eメールをチェックしたら、スパムメールしか来てなかったとき
13,一人で店に入ったら、周りがカップルばっかりだったとき
14,自分は二次会に行く気だったのに、他の人はさっさと帰ってしまったとき
15,飲みに行く相手がいないとき
16,母校が無くなった(統廃合)されたとき
17,着信履歴が残っているはずなのに折り返しの電話がなかったとき
18,携帯電話の最新の着信記録が一週間以上前のものだったとき
19,,知らない間に友人が子どもを産んでいたとき
20,帰宅したら冷蔵庫になにも入っていなかったとき



ザッと目を通しても、私にはあまり当てはまる項目がなかった。

私には【寂しい】と感じることがほとんどないのだ。

順位は納得のいくものばかりであるが、自分がそう感じるということは別物だ。

私の場合↓

1、病気になっても一人ということはない
2、友人と予定がなくても、家族でかならず外出するからあり得ない
3、一人ということがない
4、気づかないくらいの関係の友人だと思うし
5、相手ありきで旅行の計画を立てるわけだし
6、悩みは人に相談しない主義
7、地元は嫁ぎ先からそれほど遠くない
8、旦那さんと一緒の帰宅だから平気
9、すでに式を挙げるような年齢の友達はいない(笑)
10,今までそんな年はなかった
  (11以下略)

きっと私は幸せな人なんでしょうな。(笑)

いや、または鈍感とも言う。ぷっ。

他所でも”寂しさ”を題材に書いたばかりだ。

たとえば、私の場合、好きな相手に『逢いたい』と思う気持ちは、

決して寂しいからじゃなくて、顔が思い浮かんでしまっただけだから、と。

だって、普通に考えたって、

家族と賑やかに暮らしてて、仲間に囲まれてて、

寂しいなんて全然感じてないもの。

強がりなんかじゃないのだけど、そんな人間もいるということで。





スポンサーサイト
  • [No Tag]

*Comment

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

真行寺涼子

  • Author:真行寺涼子
  • まだ女として機能する50代w

    17歳年下の康平とのことやら、
    過去の男のことやらのお話。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

ブログ内検索

ブログパーツ
byできるじゃん