色は匂へど…

無理が通れば道理が引っ込む

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

境地

もしも、一緒にいるときに被災しても、それは”本望”か?

と問われたら、答えはNO。

私がそうなった場合、「アキラメの境地に立たされる」とでも言おうか。

”本望”ではないが、”アキラメ”の心境。

だって、しょうがない。


しかし、この”アキラメ”という境地は、

必ずしもイヤなイメージだけではなく、

私にとって、”一緒にいてアキラメのつく人”というのは、

結構大切な人のことなのだ。

どうでもいい人と一緒にいるときに被災した場合、

アキラメさえつかないんだから。

スポンサーサイト
  • [No Tag]

*Comment

まったく 

言い得て妙ですね。
それは「本望」というよりは「せめてもの救い」。
「本望」は無事に、普通に過ごすことに他ならないわけですから。
どちらも「幸せ」な事には変わりなし、でいいのかなぁ……。
  • ぱらぱらん 
  • URL 
  • 2011年03月28日 20時42分 
  • [編集]

NoTitle 

こんばんは
被災ではないですが・・。
大学の先輩が・・・愛人宅で亡くなった。葬儀は奥様が出しましたが皆さん成り行きを大体ご存じで・・・。
スケジュール通りに葬儀がすすんだだけ。
奥様も泣いては居なかった。硬い表情でした。

ぱらぱらんさん。 

> それは「本望」というよりは「せめてもの救い」。

↑これ、まさにその通りかもしれません。
ああ、でもやっぱり、私的には、
「アキラメのつく相手」っていうのははずせないかも。(苦笑)
  • 涼子 
  • URL 
  • 2011年03月29日 03時49分 
  • [編集]

とおるさん。 

それも永遠のテーマだと思います。
病院、もしくは自宅以外で死ぬことに関しては、
どこで・誰と、が重要になってきますからねぇ。。
  • 涼子 
  • URL 
  • 2011年03月29日 03時52分 
  • [編集]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

真行寺涼子

  • Author:真行寺涼子
  • まだ女として機能する50代w

    17歳年下の康平とのことやら、
    過去の男のことやらのお話。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ
byできるじゃん