色は匂へど…

無理が通れば道理が引っ込む

Entries

陶酔(2004,10,13)

セックスのあとのまどろみから抜け出せないまま、

天井を見上げていた。。。

さっきまで、目をつぶっていても、

間近に見えた彼の顔。

今は、横で寝息をたてている。

ああ、その無防備の愛しさよ。。。

寝ているあなたのペニスは、

私の手の中で小さく柔らかく、だが確かに息づいている。

彼の寝息に誘われるように、

私は身体の向きを変えると、彼の脇のあたりに鼻を押し付けた。

この匂いに包まれて、一緒に眠りにオチル幸福感。

静寂の時が、部屋の中を水色の空間に変えてゆく。。。


先に目を覚ました彼が、

私の乳房を弄んでいるようだ。

その気持ちよさに覚醒され、再び身体にバラ色の赤身がさす。

「んんんん・・・・」

身をよじり、ため息を漏らすと、

「もう少しだけ、我慢して・・・・」と彼が言う。

充分すぎるほどの乳房への愛撫、

それは私のセックスへの入り口だ。

いつの間にか、彼の頭は、私のデルタに移動している。

舌がツボミを揺り起こし、唇が溝を行き来する。

そして・・・彼は・・・

優しく優しく、ヒダを噛む。

何度も何度も、ヒダを咬む。

ヒダをかむ・・・ヒダをかむ・・・ヒダをかむ・・・

そうされてることの光景が、私の頭の中でリフレイン。

甘くセクシーな匂いの中で、その行為に酔いしれる。

二人・・・二人で・・・二人とも・・・二人一緒に・・・
スポンサーサイト
  • [No Tag]

*Comment

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

真行寺涼子

  • Author:真行寺涼子
  • まだ女として機能する50代w

    17歳年下の康平とのことやら、
    過去の男のことやらのお話。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

ブログ内検索

ブログパーツ
byできるじゃん