色は匂へど…

無理が通れば道理が引っ込む

Entries

Give and Take(2004,12,4)


普段は17歳年上の私のほうが甘えてるような気がする。
毎日メールしたりしないけど、
珍しいことに「早く逢いたいよ。」と康平からのメール。
「土曜に逢ったばかりじゃない?」
「でもまたすぐに逢いたいんだよ~。」
「木曜なら2~3時間、土曜ならもう少しゆっくりできる。
 どっちがいい?」
「ん~、じゃ、両方!ダメ?」

平日の康平はサラリーマンルック。(笑)
すごく落ち着いて見える。
私たちはカラオケに入った。
これから忘年会シーズンに突入のため、
他の人の前では恥ずかしい歌を練習しないとね。(笑)
「ミーシャの歌、唄ってくれる?」

♪~優しい嘘ならいらない、欲しいのはあなた♪

一見ロマンチックな二人。
康平は、唄ってる私に腕を回し・・・
私のプニプニをつかんでいた。(爆)
わき腹つかまれながら唄っていた私も私だが。(汗)

「尾崎豊の シェリー唄って!!」
今度は私がリクエスト。
歌が終わりに近づくと、私は康平の首に腕を回し、
曲がフェイドアウトするまでずっとキスをしていた。。

食事、何食べよう?
私は、帰ってから作らなくてはいけない。
ということで、軽くイタリアン。
小一時間のディナータイム。

私が家に着いたのは、まだ夜の8時半だった。
平日の康平とのデートは、だいたいこんな時間。
以前にも書いたけど、逢いたいと言うのは康平なのに、
平日はたいてい早く帰されてしまうのだ。
「無理させて、逢えなくなるほうがイヤだから。」と。
今回は、不眠が続いてる康平が、
珍しく弱気になって甘えていたようだった。
「ちゃんと眠らないとダメよ。」
「プニプニさわったから、癒された。(笑)」

そんなことで眠れるようになるのなら、
いくらでもつかんでちょうだい、と泣き笑い。(苦笑)
ずっとギブアンドテイクの関係が続くといいね。
スポンサーサイト
  • [No Tag]

*Comment

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

真行寺涼子

  • Author:真行寺涼子
  • まだ女として機能する50代w

    17歳年下の康平とのことやら、
    過去の男のことやらのお話。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

ブログ内検索

ブログパーツ
byできるじゃん