色は匂へど…

無理が通れば道理が引っ込む

Entries

騎乗位(2004,12,14)

ペットとセックスをするとき、大抵は騎乗位だ。

でも私は騎乗位のときはまずイカない。

相手を喜ばせるためだけに、腰を動かす。

上から見下ろしながら。

征服欲があるわけではないが、

主従関係のあるときは、多少優位に立たなければという気にもなる。

彼氏たちとのセックスは気持ちが違う。

彼にフェラチオしながら、チラッと上目遣いで目を見たら、

「涼子、そのまま上にマタガッテ。」と導かれた。

「私、騎乗位じゃイカないわ。」

そのはずだった。なのに・・・立場が違う。

見下ろしながらのセックスではなく、

見上げられながらのセックスなのだ。

ああ・・・顔を見られてる、繋がってる部分を見られてる・・・

程なく快感の波が押し寄せてくる。

そして私は上にいるにもかかわらず、彼の胸に顔をうずめながら果てるのだ。

「涼子、上じゃイカないんじゃなかったの?」

ちょっと意地悪な笑みを浮かべながらの彼に耳元で囁かれ、

結合部分を解かないまま、下から腕をまわされ羽交い絞めにされ、

「もう、ダメ・・・」と言うのに何度も突き上げられる・・・。

見下ろしているときには得られない、

見上げられているときだけの快感。。。

カタチは同じなのに、何故こうも違うんだろう・・・
スポンサーサイト
  • [No Tag]

*Comment

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

真行寺涼子

  • Author:真行寺涼子
  • まだ女として機能する50代w

    17歳年下の康平とのことやら、
    過去の男のことやらのお話。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

ブログ内検索

ブログパーツ
byできるじゃん