色は匂へど…

無理が通れば道理が引っ込む

Entries

熱い珈琲が冷めるまで。

コポコポと音がする。。。

彼が珈琲を入れてくれている音だ。

私は布団の隙間から、康平の裸体を眺めていた。

その若い身体は、容赦なく私に自分の年齢を知らしめる。

「珈琲、飲むでしょ?」「うん、ありがと。」

私は布団の中で脱がされてしまったバスローブをゴソゴソと探す。

「そのままでいいじゃん。」

康平が私の手を引く。

「いやよ。裸じゃ見苦しいから。」

「そのままの涼子でいいって言ってるのに。」

たぶん、康平は本心で言ってくれてる。

でも、素直になれない自分がここにいる。

康平は、一口だけ飲んだ珈琲をテーブルに置くと、

私の手からもカップを奪い取った。

「せっかく煎れてくれたのに、冷めちゃうわ。」

「珈琲はまた煎れればいいよ。

 涼子が冷めちゃうからね。」

康平といると、冷めてる暇なんてない。

私は康平の視姦に耐える。その恥ずかしさに耐える。

若い男の前で、裸体を晒している中年女の羞恥心、

君はどのくらいわかってくれているのだろう。

知ってか知らずか、康平は容赦なく私を犯す。

羞恥の叫びが悦びの叫びに変わるまで。

私の体液が止め処も無く溢れ、

それは底無しの湖となる。

今日もまた、私は康平の腕の中で、ただの塊となってしまった。

コロコロと何度もころがされ、

何度も何度も泳がされ、

何度も何度ももがき逃げようとし、

けれど、何度も何度もつかまって、

もう何度なのかわからないほど遠くにイク。

放心状態の私に、

もう冷めてしまった珈琲を口移しで飲ませてくれる康平。

冷めた珈琲は、アイスコーヒーほど冷たくもなく、

私たち二人の温度に似ているかもしれない。





スポンサーサイト
  • [No Tag]

*Comment

 

適度な温度ってあるよね。
ぬるま湯よりも少し熱いくらい? < わかんねぇ
  • painkiller 
  • URL 
  • 2005年06月11日 03時20分 
  • [編集]

あ~・・・ 

なんちゅうか、まぁ・・・ごちそうさま?
でも、素直になれない気持ちは・・・
すごく解る

  • 宵闇亭夢猫 
  • URL 
  • 2005年06月11日 08時27分 
  • [編集]

たぶんじゃないよ 

>たぶん、康平は本心で言ってくれてる。

たぶんじゃない。本当に本心だよ。
例外も多少はあるとして、
男が抱くのは相手のことが好きだから。
好きな相手の裸は見たいもの。
また隠そうとするしぐさも可愛いんだけどね^^

僕もじっくり見たいですw
で、誰かは秘密w
つか見せたい人募集♪
  • 愛徒 誠 
  • URL 
  • 2005年06月11日 17時55分 
  • [編集]

そおな時間と温度 

5感で感じる事っていっぱいありますもんね
普段してる事からひとつの感触を除いてした事ってあります?

たとえば音
全くお互いのコミュニケーションが取れなくなります
ちょっと前にそんな事を経験したのですが
カラダは素直に反応するのですが
キモチは全く駄目だったです

耳元での囁きとか相手の声
やっぱり人間は5感で感じるものなのでしょうね・・・
  • aqua 
  • URL 
  • 2005年06月11日 23時09分 
  • [編集]

 

あ~っ!僕もコーへー君になりたあい!

猫舌じゃないので。 

>painkillerさん
そう、適度な温度。今の私たちが、そう。

>夢猫さん
結果的にはノロケだったかにゃ?w

>誠さま
堂々と見せられる裸なら、顔の上でもまたぎますがw(オイ)

>apuaさま
極論から言えば、愛情がなくてもセックスはできます。
でも、気持ちが入っていると、より気持ちいい。

>フランクさま
康平くんは、一人だもーんww
  • 涼子 
  • URL 
  • 2005年06月13日 03時18分 
  • [編集]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

真行寺涼子

  • Author:真行寺涼子
  • まだ女として機能する50代w

    17歳年下の康平とのことやら、
    過去の男のことやらのお話。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

ブログ内検索

ブログパーツ
byできるじゃん