色は匂へど…

無理が通れば道理が引っ込む

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

音のない世界

私は過去に二人、聾唖(ろうあ)の方とのセックス経験がある。

最初に宣言しておくが、これはあくまでも私の備忘録の一つであり、

聾唖の方たちをバカにして書いたのではない。

*****************************

その人は、チャットのユーザー部屋の部屋主だった。

偶然入ったその部屋で、私は楽しく遊ばせてもらい、

何度も訪れる部屋の一つになっていた。

その人とPMするようになり、彼は自分が難聴であることを教えてくれたのだった。

次第にうちとけ、メール交換をし、逢うことになった。

背が高くて優しそうな人。

彼は極度の難聴ではあるが、ある程度の音はひろえるとのことで、

車の運転もできるし、私の唇を読みながら普通の会話も可能であった。

セックスのときも、「涼子さんの喘ぎ声くらいは聞こえるよ。」

と言い、彼自身もかすかではあったが感じると声を出す。

単調な、けれど気持ちのこもった優しいセックスだったことを覚えている。



そしてもう一人。彼もチャットで知り合い、

意気投合して逢うことになったのだが、

当日まで、耳が聞こえないことを教えてくれなかった。

駅での待ち合わせに手惑い、私はメールで

「直接電話で場所を教えて。」と番号を打った。

彼の答えは、

「実は耳が聞こえないんだ。だからできるのはメールだけ。」

二人だけになったとき、彼はノートとエンピツを取り出し、

『今まで聞こえないことを先に教えると、

 誰からも返事をもらえなくなった。だから逢うまで言えなかった。』

と文字を書いた。

彼の耳は生まれつきだったため、言葉も一切出ない。

私たちの筆談する音だけが部屋に響いていた。

セックスも、イヤではなかったが、私は感じることができなかった。

私の声も聞こえないのかと思うと、

何故か切なくなってしまい、彼の動きだけをひたすら追った。

目をつぶったままで。。。

そこは音のない世界だった。

でも、私にだけは、ベッドのきしむ音と、身体のぶつかる音が聞こえてる。

悲しくもあり、とてつもなく切なかった。。。

私の感じる声とか、クチュクチュという愛液の音とか、

聞かせてあげることができたなら、どんなにいだろう。

もっともっと感じるに違いないのに・・・。

きっと快感も倍増するだろう・・・。

そう思うと、益々私の感情は冷静になっていった。

突然、彼が私のお腹に射精した。

彼の終わりが近づいたことさえわからず、私は困惑した。

ノートの上に書かれた文字、

『気持ちよかった?』

『うん、こんなに気持ちよかったのは初めてだよ。』

『喜んでもらえて嬉しいわ。』

『ありがとう。僕を受け入れてくれて、ありがとう。』

私はその日、初めて逢った男の前で涙を流した。

同情なんかじゃない。誓って言える。

でも、自分でも涙の意味がわからない。

それは、数年たった今もわからないままである。
スポンサーサイト
  • [No Tag]

*Comment

ほんとうは 

涙は本来 感動のためにある
宇宙を感じ 人を感じ 感動する
そして 涙が出る
体がエンドルフィンで満たされる
  • masaki 
  • URL 
  • 2005年06月17日 14時26分 
  • [編集]

うちも経験あるんよ。。 

一瞬、涼子さんと同じ人??とって思ってしまった。
だって、うちの元彼氏(としておこう)の人が
チャットのユーザー部屋の部屋主。
背が高くて本当にやさしい人。
ここで詳しくその人の事は書かないが、
よく似ている。。。
ちなみに、その彼氏がうちを「アルファーイン」に
連れて行った人だ^^
  • しるば 
  • URL 
  • 2005年06月17日 21時03分 
  • [編集]

出会いに感謝 

琴線に触れる瞬間ってありますよね。
えっちでそうなったことは亜佐美はないけれど。
オンオフともに、出会いって不思議だなって思うことは多々あります。
涼子さまとの出会いも亜佐美にとっては嬉しいご縁です。きっと、そのヒトにとっても。
  • 中村亜佐美 
  • URL 
  • 2005年06月18日 00時53分 
  • [編集]

無理に答えを出さなくてもいいじゃない 

感情は単純なのもではない。
しかもそれが複雑に交わって
心を揺さぶる。

涙を流したのは心を揺さぶられたから。
それだけでいいじゃないか。
  • 愛徒 誠 
  • URL 
  • 2005年06月18日 01時13分 
  • [編集]

初めて 

涼子さんのblogの記事で泣けました。
わたし、文章へたくそなんで、みなさんみたいには
上手く書けないけど、途中から文字が見えなく
なってしまったくらい、泣けました。
この記事はしっかりとわたしの脳に備忘しときましょ。
  • ナオ 
  • URL 
  • 2005年06月18日 10時44分 
  • [編集]

安い涙なのか・・・ 

>masakiさま
私はいったい何に感動したというのでしょう。。。
不思議です。クールなはずの私なのに。

>しるばさま
たぶん別人だと思います。
だって、全然ノーマルでしたもん。笑
Sじゃなかったわ~

>亜佐美さん
私もここで色んな方に出会えてとても幸せ。

>誠さま
ええ、答えは出しません。てか、出せません。
今もまだわからないままで。

>ナオさん
忘れたくないことってたくさんありますね。
その人との出会いが、無駄になったとは思いません。
たとえ単なる経験の一つが増えたと言われようとも。
  • 涼子 
  • URL 
  • 2005年06月20日 18時08分 
  • [編集]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

真行寺涼子

  • Author:真行寺涼子
  • まだ女として機能する50代w

    17歳年下の康平とのことやら、
    過去の男のことやらのお話。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ
byできるじゃん