色は匂へど…

無理が通れば道理が引っ込む

Entries

あの夏、空港で。

勇さんが九州に飛び立つその日、

「お見送りに行きましょうか?」と私は言った。

移動時間を含めて、ほんの2時間弱の逢瀬。

慌ただしい食事を終え、ゲートに急ぐ彼。

搭乗までに、あと15分。

そのとき、私たちの視線がクロスした。

勇さんはほとんど無言で歩き出し、

私はそのあとを付いてゆく。

キョロキョロと周りを伺うわけでもなく、ごく自然に個室に吸い込まれる。

その頃の私はまだ、匂いを嗅ぎたいなんて言うこともできず、

ただ抱きしめられたときの匂いをそっと感じる。

永遠の別れでもないのに、空港っていう場所は、

何故かセンチメンタルな気持ちにさせられてしまうものなのだ。

彼の股間で起こっている私への欲情を知り、

私はソレを鎮めたいと素直に思う。

「僕だけなんてごめん・・・」

そんなことはかまわない。だから、

私の目の前で、その熱い情熱を見せて。。。



搭乗口に並ぶ勇さんは、何度も何度も振り返り、

私の居場所を確かめる。

大丈夫、あなたの背中が見えなくなるまでここにいるから。

帰りは一人だけど、

あなたの匂いがココにあるから寂しくない。



あの夏、空港で、

私はたった一人でヒロインを気取った。









スポンサーサイト
  • [No Tag]

*Comment

いいなぁ~ 

お互いがお互いを思い、そして愛し合える。
場所、時など関係なく…
理想ですよね
きどってるのではなく、自然とそれが出来る涼子さんは、間違いなく勇さんにとってのヒロインなのでしょうね
  • 定吉七番 
  • URL 
  • 2005年08月22日 00時52分 
  • [編集]

定吉七番さま 

ほんの数日関東を離れるだけ、
なのに、ああいう場所って、何故かキュンとなる。
空港でさえこんな感じですもの。
きっと、シンデレラエキスプレスって、
それはそれは感情移入しちゃうんだろうな~w
  • 涼子 
  • URL 
  • 2005年08月22日 14時36分 
  • [編集]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

真行寺涼子

  • Author:真行寺涼子
  • まだ女として機能する50代w

    17歳年下の康平とのことやら、
    過去の男のことやらのお話。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

ブログ内検索

ブログパーツ
byできるじゃん