色は匂へど…

無理が通れば道理が引っ込む

Entries

銀の龍の背に乗って・・・

ドクターコトウの再放送を見るたび、

中島みゆきのあの歌が流れるたび、

思い出す、背中の刺青。

銀の龍ではなかったが、背中一面のその刺青の龍は、

何故だかとても物悲しく、若気の至りを嘆いていた。


刺青を入れた皮膚は冷たい。

血が通わないからだろうか?

それとも、その男の背中だけが冷たかったのだろうか。

ヒンヤリとしたその広い背中の龍と目が合ったとき、

思わず龍に口づけをして、そのまま官能の渦に巻き込まれた。


あの歌の”銀の龍”は、

私の古い官能を呼び起こす。

二度と触れることがないであろう刺青の肌。

冷たい冷たい冬のような肌。

スポンサーサイト
  • [No Tag]

*Comment

一日見なかったら 

怒濤の更新(ドトールのコーヒーではないw)ですなぁ
Drコトーはかみさんが大好きで見ましたし、中島みゆきコンサートであの曲を聞いたときはチキン肌でした

この書き込みを見て一番最初に思ったのは。。。
♪ラララ~銀の龍を背に背負ってぇ~♪

お粗末でした
  • ボル 
  • URL 
  • 2005年09月22日 09時30分 
  • [編集]

ボルさま 

ドトールに行くと
グレープフルーツジュースをよく飲みます。どうでもいいかぁw
  • 涼子 
  • URL 
  • 2005年09月23日 14時07分 
  • [編集]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

真行寺涼子

  • Author:真行寺涼子
  • まだ女として機能する50代w

    17歳年下の康平とのことやら、
    過去の男のことやらのお話。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

ブログ内検索

ブログパーツ
byできるじゃん