色は匂へど…

無理が通れば道理が引っ込む

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

追憶②

そして、

その潤いは、早く挿れて欲しくてたまらなくなった証拠。

彼が何度”ヤメテ”と言ってもペニスへの攻めを続けていたけれど、

私はとうとう、彼が欲しくなって、愛撫の手を止めた。


体制が入れ替わる。そのあとの彼のキスは優しい。

私は、彼の唇よりも先にペニスを確かめてしまったので、

そのトロケルようなキスに気づかないままだったのだ。

彼の唇も、舌も、こんなに気持ちいいものだったなんて。。。

大きな掌が乳房を覆う。

それはワシヅカミではなく、小鳥をさするような優しい愛撫。

指先が乳首に触れたとき、思わずピクンと仰け反る私。

その愛撫は、仔猫の首根っこを掴むように、

そぉっと、でもしっかりと摘み上げる。

気持ちよさにクネる身体は、まるで自らのヴァギナを押し付けるかのように、

彼の指と唇を誘い出す。

そのまま挿れて欲しい衝動にかられ、腰を浮かすも、

2度目のセックスではそれを許してはくれない。

そう・・・最初のセックスのときは、愛撫もそこそこに、

「早く挿れて」とせがみ、その言葉通り、ペニスを埋めてくれた彼。

その日の彼は容赦なく、私は指と舌で散々確かめられてしまった。

その濡れ具合、その充血具合を。

もどかしい快感に、涙がにじむ。 ハヤク ホシイ…

ほどなく、彼がペニスをアテガッテきた。

私はシーツを掴んでいた手を離し、彼の腰へ手を回す。

そして引き寄せる。

「ああ・・・」

奥までの深い挿入。行き止まったその先端が、子宮の入り口をノックした。

グリグリと押し付ける。奥の奥まで。

深い部分の結合が、私の官能のツボを刺激して、

繋がったままだというのに、愛液が溢れ出すのがわかるほど。

彼のペニスが、ほんの少し移動するだけで、

クチュクチュとイヤラシイ音をたて、部屋に響く。

奥に押し付けたままでのグラインドに、私の喘ぎは止まらない。

ドンと激しく来るエクスタシーではなく、

ジワジワと迫り来るエクスタシーに、官能のルツボは終わることなく。

しばらくして彼の上半身が離れた。

私は抜かないで、の意味を込めて彼の腰に手足を絡めた。

彼は、抜こうとしたのではなく、次第に激しいピストンを開始した。

ペニスがヴァギナの壁をこするたび、

さっきよりも大きな音が部屋に響く。。。

クチュクチュ・・・ぐちゅぐちゅ・・・

途中、彼は何度も「イキそう・・・」と言いながらも、

その度に、少しだけ動きを止めながら、

何度も何度も我慢した。私の中で。

それは、もっと私を感じさせるためだったのか、それとも、

もっと私のヴァギナの気持ちよさを感じるためだったのか。

そんなことはもうどうでもいい。。

どちらにしても、私たちは気持ちよかった。二人とも一緒に気持ちよかった。

私の何度目かのエクスタシーのあと、

彼の精気は私のお腹に放たれた。

そのザーメンは熱く濃く、

一瞬にして部屋の中はオスとメスの匂いに包まれる。


そして二人の濃密な時間は、心地よい疲労感を残し終わった。。。











スポンサーサイト
  • [No Tag]

*Comment

う~ん、暖かそう・・・ 

自分の温度と違う暖かさを感じる事って
結構楽しい
体温の違いって気持ちの違いとはまた異なって

暖かい方に一緒になるのか冷たいほうに一緒になるのかは
その時の雰囲気次第でしょうか?

でもやっぱり暖かいの好きです♪
  • aqua 
  • URL 
  • 2005年11月01日 22時16分 
  • [編集]

aquaさん 

もちろん、これからの季節はアタタカイに1票♪

精神的温度差を感じなければ、
体温差を感じることは楽しいねぇ~。
  • 涼子 
  • URL 
  • 2005年11月02日 19時28分 
  • [編集]

やっぱり 

読んでいて濡れちゃいます~
見てたの?私たちのこと見てたのぉ? と言いたくなるくらい
そのまんま なんですけどー(汗

最近 涼子さんの記事 コピペして
そのままメールで彼に送っちゃろかな~とか
考えたりもしてます(しませんけど)ww
  • 美夜 
  • URL 
  • 2005年11月03日 12時42分 
  • [編集]

美夜さん。 

あら~、同じようなことしてるんですね?w
きゃきゃきゃ。
濡れていただけて本望でございます。
にゃは~~~
  • 涼子 
  • URL 
  • 2005年11月04日 02時21分 
  • [編集]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

真行寺涼子

  • Author:真行寺涼子
  • まだ女として機能する50代w

    17歳年下の康平とのことやら、
    過去の男のことやらのお話。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ
byできるじゃん