色は匂へど…

無理が通れば道理が引っ込む

Entries

外食産業の発展

家庭料理(夫婦のセックス)はいいものだ。

それなのに、毎日では飽きるというのか?

作るほうも食べるほうも、パターンが決まってくると

「また今日もこのオカズ?」って感じでも

食欲(性欲w)を満たすためにはとりあえず食べるけど。笑

ヴァリエーション豊富にいろんなものを作らないと、

そりゃブーイングも出ますわな。

でも、作り手だって、大変なのだ。

そこで、たまの外食となるわけで。(短絡的w)

昨今、外食産業(不倫?w)の発展により、

食生活の幅も広がった。

さて、いいのか悪いのか。。。(微笑)



スポンサーサイト
  • [No Tag]

*Comment

考え方の違い? 

自分の作る食事をヴァリエーションの中から考えている。と言うのなら…
外食も自分のヴァリエーションの一つと考えるのはいかがでしょう?
それも、普段作る人が決めているのですから、"自分のアイディア"には変わりないのかと思うのですが…
(カッコの中だって、不倫と言えば聞こえは悪いのかも知れませんが、婚外恋愛と考えるなら、外食にあたる部分はスワッピングと理解すれば…)
ダメですか?
  • 定吉七番 
  • URL 
  • 2005年11月05日 11時33分 
  • [編集]

いつも外食 

この一年間、自宅料理をしたことがございません。
いつも外食で済ませておりました。
心機一転10年目も迎え久々に料理を自宅で作ろうかと。。
ですが、、。昨日、すでに外食済み。。
おなかいっぱいで自宅での食事が。。。
やっぱり、根性出すべきですかねぇ。。?
  • しるば 
  • URL 
  • 2005年11月05日 12時48分 
  • [編集]

外食は・・ごちそうだけど 

家でしか 食べられない 煮物とかお茶漬けとか・・も 捨てがたいですよね。

あ、うちの旦那は カップラーメンよりも
お手軽だから・・・もろきゅうレベルのつまみ
くらいにしか なりませんわ。。
  • 聖子 
  • URL 
  • 2005年11月05日 16時54分 
  • [編集]

別腹? 

私は決して自宅では何も食さないので外食しかしないのですが、外食同士で別腹感を味わうこともしばしば。

ついさっきTVの中でお笑い芸人が、
「デザート食べたらお腹空く」
というフレーズで笑わせていましたが、
自分を奮い勃たせるためにも「別腹」、「別腹」と言い聞かせ、同じホテルの同じ部屋を選んでしまってチョットだけ嫌悪を感じる私でした。
  • Toshi 
  • URL 
  • 2005年11月05日 23時14分 
  • [編集]

外で食べるからこそ 

自分んちの味の良さも再認識できるってもんでしょ^^
(たまに特定の外食にはまりっぱなしの人も居ますがw)

涼子さん・・・
食べてぇ~~~ww

外食三昧から今は家庭へ 

1年半外食ばかりでした。
20年を経過して、家庭へ復帰。
今まではお任せだったのですが
こっちからいろいろ
時間を掛けてことこと煮込み
方崩さぬように、とろ火でじっくり。
古女房が開花して、今は充実。
回数が増えても、続いている。
どうしてか、やっぱり相性だね。

ジャンクフードはおいしいw 

>定吉七番さん
外食もレパートリーとは、いい考えかも~。
てか、私にとっては都合がいいけれどw

>しるばさん
鍋の使い心地も変化してるかもしれないし、
ここらで一発、家庭料理に挑戦か?!w

>聖子さん
外でもカップ麺やお茶漬けが食べられる時代だけど、
ここはやっぱり、家庭しか無理そうな
タマゴかけご飯はいかがかな?(笑)

>Toshiさん
外食でも、同じ店ばかりだと飽きますからねぇw
私も一度だけWブッキングしたとき、
時間差で同じホテルの同じ部屋っていうときがありまして、
すっごい凹みました。(遠い目)

>誠さま
自宅料理、美味しいんですのよ。
外食も、今は満足w

>新金岡さん
家庭料理の美味しさを再確認できたわけですね。
両方を楽しめればいいのでしょうけど、
人間て、なんか一方に偏りがちだったりしますから。
  • 涼子 
  • URL 
  • 2005年11月07日 14時40分 
  • [編集]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

外食産業---辞典

外食産業外食産業(がいしょくさんぎょう)とは、家庭の手料理に代わり、外で食事を提供するサービス業。狭義では、食堂やレストランに始まり、ファーストフードや喫茶店(カフェ)など飲食店を経営する産業。広義では、調理済みの弁当、惣菜の販売などの「中食」(なかしょ

ご案内

プロフィール

真行寺涼子

  • Author:真行寺涼子
  • まだ女として機能する50代w

    17歳年下の康平とのことやら、
    過去の男のことやらのお話。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

ブログ内検索

ブログパーツ
byできるじゃん