色は匂へど…

無理が通れば道理が引っ込む

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

station view hotel

部屋に一歩足を踏み入れると、一瞬むぅっとした空気に包まれた。

エアコンがうまく調節されてないその部屋の窓を開けると、

ここが、駅のホームを見下ろせる線路沿いのホテルなのだと実感する。

窓際で、まだ明るい外の景色を見ていると、背後に勇さんの匂い。

すっぽりと抱きしめられ、服の上から揉みしだかれる乳房。

正面に向き直ると、「逢いたかった!」と激しいキスの嵐。

その舌は、

口腔内すべてをなぞり、それだけでは飽き足らず、

鼻の穴をまさぐり、やがて顔中を這い回る。

彼の手が、すでにベッドに押し倒されている私のスカートの中に侵入したとき、

私は不意に尿意に襲われた。

「トイレに行ってから・・・」

起き上がろうとした私をまた押し倒した彼は、

「ダメ。行かせない。」と意地悪を言う。

「漏らしたらどうするの?!」慌てた私がモガク。

「漏らしてもかまわないから。」

「漏らしても嫌いにならない?」

「涼子の全部が好きなんだ。」

「せめて、服を脱がせて。。。」

全裸になった二人は、改めて身体を重ねた。

アタタカイ・・・。立ち昇る勇さんの匂いが忽ち私をメスにする。

それでも私は、「やっぱりトイレ行きたい。」と悪あがき。

半ば力ずくで組み伏せられ、細かい愛撫を諦めた彼は、

早急に私の中に入ってきた。深く。奥の深いところまで。

「ひっ・・・」しゃくりあげるような快感を示す喘ぎ。

この気持ち良さはなんだろう。。。

彼の匂いに包まれてるから、尿意を我慢してるから、身体を密着させてるから…

色んな想いが交差しながら、

ヴァギナにすっぽりと入ったままのペニスを実感している。

彼は、子宮の入り口をノックするように

グリグリと私の奥を楽しんでいる。

「お願い・・・動かないで・・・」

その私の言葉でペニスを抜こうとする彼に足を絡ませ、今度は

「お願い・・・抜かないで・・・」

と、切ない吐息を漏らす。

「僕はどうすればいいの?」彼は優しく笑い、私を困らせた。

その問いに答えられぬまま、私は彼にしがみつく。

そのときは、”入ってるだけで気持ちいい”、そんな状態だったから。

本当は、”もうどうにでもして”と言いたかったのかもしれない。

それを見透かしたかのように、彼はゆっくりと動き始める。

クチュクチュと音が響く。

「まだ漏らしてないよね?」意地悪な問いかけは続く。

「漏らしてないのに、こんなにビショビショなのは何?」

快感に涙ぐむ私の顔に舌を這わせ、舌先で涙をぬぐう。

顔と乳房とヴァギナ全部が彼にラッピングされたのだ。

やがて、窓の外からは、JR到着のアナウンスが聞こえ、

それと同時に私は昇りつめた。。。その日最初のエクスタシィ。

そして・・・











スポンサーサイト
  • [No Tag]

*Comment

こfれもまた 

SMチックなプレイという事なんですね~
意外なところを拘束されてる・・・みたいな(笑)

エロスって感じで良いですねぇ~
ただね、これやり過ぎると膀胱炎になります!
そうなったら、大変ですからー!!残念!!
(ギター侍は、今いずこ・・・笑)
  • LOVE GUIDE 
  • URL 
  • 2005年11月22日 14時17分 
  • [編集]

LOVE GUIDEさん 

幸い、膀胱炎にはなりませんでした。(笑)
この彼とのセックスは、
たいていこんな感じで襲われちゃいます。うふふ
  • 涼子 
  • URL 
  • 2005年11月25日 18時22分 
  • [編集]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

真行寺涼子

  • Author:真行寺涼子
  • まだ女として機能する50代w

    17歳年下の康平とのことやら、
    過去の男のことやらのお話。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ
byできるじゃん