色は匂へど…

無理が通れば道理が引っ込む

Entries

逆の視点で。

前のエントリで『待ちわびて』という言葉を使ったけれど、



『待つこと』の楽しさも わかる。



女というもの、この矛盾だらけのイキモノ。



それが、今の私である。
スポンサーサイト
  • [No Tag]

*Comment

楽しめるのは 

その先に楽しみがある場合

それが見えないときは不安に駆られてしまう

いいねぇ・・・
楽しみが約束されていて・・・

待つという行為 

待ち合わせ場所で待つだけじゃないですもんね
自分のテリトリーで仕度し始めて、
いや約束ができた時から準備が始まりますよね
次に会うまで何をしようかと
ただ待ちわびることがなくなって私も楽しんでます
  • りりぃ 
  • URL 
  • 2006年02月28日 06時53分 
  • [編集]

 

待つ・ではなく 待ちわびる・いい響きです。男冥利に尽きます。
  • たぁっちゃん 
  • URL 
  • 2006年02月28日 10時05分 
  • [編集]

待ってる自覚はないけど。 

>誠さん
楽しみが約束されない逢瀬なら、
待ちわびることなんてありません。
苦しいのも辛いのも、私には似合わない。

>りりぃさん
待つことを楽しめるようになった自分だからこそ、
相手も喜んで逢いに来てくれるんでしょうね。

>たぁっちゃん
女もそうですよ。「やっと逢えた」と表現してくれると
待った甲斐もあるというもの。
  • 涼子 
  • URL 
  • 2006年02月28日 14時06分 
  • [編集]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

真行寺涼子

  • Author:真行寺涼子
  • まだ女として機能する50代w

    17歳年下の康平とのことやら、
    過去の男のことやらのお話。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

ブログ内検索

ブログパーツ
byできるじゃん