色は匂へど…

無理が通れば道理が引っ込む

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

一緒に見る人。


さくら2



夫と見た桜は、6分咲きほどだった。

二女の卒業式が済んだあとだったこともあり、

夫婦として、父と母として、アタタカク見つめた桃色の花。


康平と見たホテルフロントの公園の桜は、

まだ固いツボミのままだった。

他愛も無い話をしながら見つめたそのツボミは、

これから咲くピンク色の夢と予感の暗示。


一緒に見る人によって、感じる心に差が生じる。

誰と見たい?

誰と見た?

私のササヤカな桃色吐息。

スポンサーサイト
  • [No Tag]

*Comment

色は匂えど… 

色鮮やかな花、
微かな花の匂い、
そして彼女の匂い…

まさひろさん。 

そして、彼の匂いを身にまとい・・・
  • 涼子 
  • URL 
  • 2006年03月23日 11時54分 
  • [編集]

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

真行寺涼子

  • Author:真行寺涼子
  • まだ女として機能する50代w

    17歳年下の康平とのことやら、
    過去の男のことやらのお話。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ
byできるじゃん